フリースペース1
フリースペース2

団体の方から寄せられる質問


メンバー表、団体代表者(副代表者)の更新について

Q.
 団体構成員が変わったので団体メンバー表を変更したいです。どうすればいいですか

A.
 団体メンバー表記入フォーム(Excelファイル 29KB)に必要事項を記入し、そのファイルをメールに添付して学友会メールアドレス(stdass@ed.tus.ac.jp)にお送りください。団体メンバー表に不備がなかった場合、完了メールをお送りします。
【注意】
神楽坂キャンパスの団体構成員の過半数は学友会員である必要があります。更新の際、これを満たさない団体メンバー表は受理できません。


Q.
 団体の代表者(副代表者)を変更する場合、何をすればいいですか?

A.
 団体の代表者(副代表者)を変更する場合、学友会メールアドレス(stdass@ed.tus.ac.jp)までメールでご連絡ください。その際、新代表者(副代表者)の

  1. 名前
  2. フリガナ
  3. 学籍番号
  4. 電話番号
  5. メールアドレス(よく確認するものを記入してください)
を忘れずに記入するようお願いします。  変更完了はメールでお知らせします。上記の1〜5の情報が一つでも不足している場合、変更を受理できません。すべての情報が記入されたメールを再度送っていただきますのでご注意ください。  


会議情報について

Q.
 会議の情報はどこで手に入りますか?

A.
 学友会からのお知らせは原則、当Webページまたは3号館ピロティにある学友会掲示板で行っております。


Q.
 会議情報メールを受け取りたいのですが。

A.
 学友会のメールアドレス(stdass@ed.tus.ac.jp)宛てに、会議情報メールを受け取りたい方の

  • 所属団体名
  • 氏名
  • 学籍番号

を明記してメールをお送りいただくようお願いいたします。その際の件名は「会議情報メール送信希望」としてください。
 メールを停止したい際は、上記の3項目を明記した上で「会議情報メール停止希望」という件名でメールをお送りください。


サークルポイントについて

Q.
 サークルポイントはどのように決めているのですか?

A.
 サークルポイントは、以下のような点数内訳により決めております。

 サークルポイント点数内訳表(PDFファイル 66KB)

 得点の内訳のお問い合わせや、誤りと思われる部分の確認・訂正などにつきましては、お手数ですが学友会Webページのの問い合わせフォーム(リンク)からメールをお願いします。


Q.
 団体代表者会議は会議に出席するだけでサークルポイントはもらえるのですか?

A.
 代表者会議のサークルポイントの得点は会議に出席し、次の3つの項目をクリアすることで得点が加算される仕組みとなっています。

  1. 会議の出席確認時、サークルファイルに学友会常任委員からスタンプをしてもらう。
  2. 団体代表者会議にて団体出席確認のために常任委員に団体出席チェック表にチェックをしてもらう。
  3. 会議に来て頂いた際、配布される会議出席確認用紙に必要事項を記入し、会議終了後に学友会常任委員に提出する。

(※会議出席確認用紙を会議後に学友会常任委員に渡さなければ原則として、出席と認められません。)


Q.
 自分のサークルのサークルポイントが、自分で計算した合計点より少ないような気がするのですが。

A.
 得点の内訳のお問い合わせや、誤りと思われる部分の確認・訂正などにつきましては、お手数ですが学友会のメールアドレスまでお願いします。


Q.
 サークルポイントが間違っていた時には、学友会室まで行けばその場で返答は返してもらえますか?また、間違っていた場合は直ぐにWebページ上の情報を変更してもらえますか?

A.
 サークルポイントに関して ましては、直ぐには返答できない場合がございます。ご了承ください。その際は、メールにて回答する場合がございます。


支援金について

Q.
 支援金とはなんですか?

A.
 学友会常任委員会が団体に対して活動(大会費、購入した備品等)の支援をするために交付しているお金です。
 支援金は学友会費から賄われています。


Q.
 支援金はいくら貰えるんですか?

A.
 年間4万 × (サークルポイント/100)円を上限とした金額を交付します。(サークルポイントについてはこちら)
 また、年度最後の支援金申請には団体内の学友会員10人につき5000×(サークルポイント/100)円(上限2万円)を追加できます。


Q.
 支援金はどうすればもらえますか?

A.
 更新団体として登録していること、学友会常任委員会に提出している団体メンバー表で学友会員の割合が8 割以上であることが条件です。
 申請された支援金は、代表者会議にてお渡しします。ただし、使用目的等によっては交付できない場合がありますのでご了承ください。
 この際、団体の代表者、副代表者でないと受け取れませんのでご注意下さい。
 また、サークルファイルを持参するようお願いいたします。


Q.
 支援金はどうすれば申請できますか?

A.
 学友会常任委員会では年4回の支援金申請期間を設けております。申請期間内に必要な書類を学友会室まで提出していただければ申請完了となります。
 申請期間等に関しては随時、学友会掲示板、学友会Webページをご確認ください。


Q.
 支援金の申請に必要な書類などはありますか?

A.
 「団体支援金申請用紙」、「領収書添付用紙」の2種類の書類を提出していただく必要があります。

  • 団体支援金申請書・領収書添付用紙(PDFファイル 181KB)
     団体名、申請品目等を記入する用紙です。1回の申請につき1枚を提出して下さい。
    申請年月日、団体名称、団体代表者氏名、申請額、申請内容詳細の欄に記入漏れがないようお願いします。
  •  申請する品物の領収書を添付する用紙です。領収書1枚につき1枚を使用して下さい。また領収書については、必ず原本を添付して下さい。
  • 領収書
     以下の要件を満たしていない領収書は受理する事ができません。
    1. 宛名に正式な団体名が記載されている
       「東京理科大学」や「()部」、「〜部(会)」など間違いのないようお願いします。
    2. 発行された日付が記載されている
       支援金は当該年度に使用した分に関してのみ交付されます。当該年度以前の領収書は受理できません。
    3. 金額が正しく記載されている
       改ざんを防ぐため、金額の頭には[¥]を、金額の末尾には[ - ]をつけるなど前後に数字の付け足しができない書き方をしてもらってください。
    4. 但し書きに具体的な品名が記載されている
       但し書きが「お品代」や「書籍代」など不明瞭な物に関しては受理できません。交通費の場合は、乗車区間が明記されていないと受理する事ができません。
    5. 領収書発行者の名前が記載されている
       発行元の記載がない場合、正規に発行された領収書とみなすことが出来ない為、支援金を交付しません。また、発行元の署名または押印がない物に関しても同様に無効とします。なお、領収書に発行元の印が印刷されている場合は、正規の物として認めます。
     また改ざんの発覚、疑いがある場合、領収書は無効な書類とし、支援金は交付されません。



その他のご不明な点は学友会常任委員会へメールをお願いします。
問い合わせフォーム

©2017 東京理科大学学友会